私たちが一緒にできること

私たちのCO2への投資に加えて、お客様がご自身の気候変動への影響を減らすために積極的に関わりたいと思っておられる事は理解しています。 その結果がCO2ゼロという名の相殺サービスです。お客様のフライトでCO2を相殺するのに少しばかり貢献します。

CO2ゼロ

CO2ゼロは、世界自然保護基金が始めたゴールド・スタンダード・ラベルでのCO2削減プロジェクトに投資し、お客様個人のCO2排出を相殺するサービスです。 

航空会社のカーボンオフセット制度の中で、一番使いやすく、最も効果があり、一番安い費用で相殺できるサービスです。

KLMは次のようにして、相殺額のコストを下げています: 

  • コスト増につながる、不必要な仲介業者を通しません
  • 再生可能エネルギープロジェクトの確実な実現に焦点を当て、プロジェクトの所有権ではなく、効果を重視します。
  • 排出権の価格がまだ低い、初期の開発段階にあるプロジェクトを選んでいます
  • 目的地に応じたCO2排出量の実質値の計算。 燃料効率の向上と実質値計算方法により、CO2排出は航空業界内で比較すれば大抵低く抑えられています。
  • 実際の燃料必要量の計算からのみ算出。


  •         

二酸化炭素排出量のデータと排出量の算出方法は、国際監査法人KPMGの専門家による認証を受けています。 

KPMGの報告書をダウンロード

計算方法の説明をダウンロード

KLMの持続可能戦略の詳細についてはklmtakescare.com をご覧ください。