制限されている、または禁止されている品目

機内持ち込み手荷物および受託手荷物で輸送できる物品には厳しい規則が適用されます。 手荷物準備のご参考の為に、輸送制限または禁止品をご説明いたします。
 

制限および禁止アイテムについての一般規則

airport baggage check for security
本ページでは、制限および禁止品に関するほとんどの情報のを記載しておりますが、各国や航空会社によって規則が異なる場合がございますので、ご注意ください。 特に、経由地から他の航空会社に乗り継ぐ場合は、常に乗継ぎ便の空港会社にもご確認いただくようお願いいたします。

ご搭乗者様および乗務員の安全と安心を確保するために、人的傷害または無力化の原因となったり、機体の安全を脅かすために使用または改造される可能性があると確信できる物品は、お持ち込みいただけません。

本ページに、持ち込み予定の物品が記載されていない、またはご質問がある場合は、 お客様の旅行代理店またはKLMサービスセンターにお問い合わせください。

空港での免税品ショッピングに関しましては、
お買い上げの免税品に関する詳細をご確認ください
 

液体および粉類

液体類は、1つにつき100 ml (3.4 oz) 以内の少さな容器に限り、機内持ち込み手荷物としてお持ち込みいただけます。 すべての液体類は、容量1リットル以内のジッパー付き透明プラスチック袋1枚にまとめて入れてください。 液体の容器を入れたビニール袋は、余裕を持って密封できる状態でなければなりません。 液体類の持ち込みに使用する透明なビニール袋は、お客様1人あたり1枚となります。 制限を超えるものは、受託手荷物としてお預け入れください。

米国発着便では、粉末および粉状物質を機内持ち込み手荷物としてお持ち込みいただけます。ただし、1品につき350 ml (12 oz) を超えない少量に限ります。 制限を超えるものは、受託手荷物としてお預け入れください。 不正操作の兆候があった場合は、機内持ち込み手荷物か受託手荷物かに関わらず、お持ち込みいただけません。

次の液体や粉類は、機内持ち込み手荷物として常にお持ち込みいただけます:
  • 機内で消費するベビーフード
  • 機内で服用する医薬品(処方箋または主治医の診断書をお持ちください)
  • 機内で消費する特別な食事
  • 故人の遺灰を収めた骨壺(要件を満たす場合に限ります)
  • 封がされた免税品
 

電子機器およびリチウム電池

破損、不良およびリコールされた電子機器および電池は、機内持ち込み手荷物か受託手荷物かに関わらず、お持ち込みいただけません。

電動式車椅子、またはバッテリー式車椅子をお持ちになる予定ですか? これらについては、別のルールが適用される場合があります。 KLMケアへお問い合わせください。最適な解決策を見つけるお手伝いをいたします。

リチウム電池
100 Whまでのリチウム電池が装備された機器は、機内持ち込み手荷物か受託手荷物のいずれかでお持ち込みいただけます。 受託手荷物としてお預けになる電子機器は、完全に電源を切り、損傷を受けないようにしてください。 許可を得ることなく、ひとりあたり最大で15個の100 Whまでの電子機器をお持ち込みいただけます。 160 Whまでのリチウム電池が装備された機器をお持ち込みの場合は、KLMサービスセンターを通して許可を得てください。 160 Wh以上のリチウム電池が装備された機器は、機内持ち込み手荷物か受託手荷物かに関わらず、お持ち込みいただけません。

予備のリチウム電池およびパワーバンク(ラップトップ、携帯電話および医療機器などのデバイス用)は、機内持ち込み手荷物でお持ち込みいただけます。 許可を得ることなく、ひとりあたり100 Whまでの最大20個の予備電池をお持ち込みいただけます。 100 Whまでの予備電池をお持ち込みの場合は、許可は必要ありません。 160 Whまでの予備電池をお持ち込みの場合は、KLMサービスセンターを通して許可を得てください。 160 Wh以上の予備電池は、お持ち込みが禁止されています。 ワット時が電池に記載されていない、または不明な場合は、その電池はお持ち込みいただけません。 ワット時を計算するには、アンペア時定格 (Ah) に電圧 (V) を掛けます。

各電池はオリジナルの梱包材に入れて分けてパックする必要があります。 購入時の梱包材がない場合は、絶縁のため電池接点を非導電テープでカバーし、個別のビニール袋に各電池を包装してください。

 

機器内部の電池

予備電池(パワーバンクを含む)

 

機内持ち込み手荷物

受託手荷物

機内持ち込み手荷物

受託手荷物

< 100 Wh

Yes

Yes

Yes

No

100 - 160 Wh

Yes*

Yes*

Yes*

No

> 160 Wh

No

No

No

No



*これらをお持ち込みの場合はKLMサービスセンターを通して許可を得てください。 許可を得た場合に限り、リチウム電池が装備された機器2つ、もしくはリチウム電池が装備された機器1つと予備電池1つをお持ち込みいただけます。

リチウム電池が装備された機器を飛行中に充電する場合は、常に機器に注意を払ってください。 充電が終わりましたら、コンセントからプラグを抜いてください。 座席の間に機器が落ちてしまった場合は、必ず客室乗務員までお声がけください。 飛行中の予備電池の充電は禁止されています。

スマートバッグ
コイン型リチウム電池(スマートバッグ)以外のリチウム電池が装備された手荷物は、電池を取り外してください。 スマートバッグを受託手荷物としてお預けになる場合は、電池を取り外し、手荷物として機内にお持ち込みください。 スマートバッグからリチウム電池を取り外せない場合、機内持ち込み手荷物か受託手荷物かに関わらず、お持ち込みいただけません。

自動平衡機器類
リチウム電池駆動の自動平衡機器もしくは個人用の乗り物・機器は、電池が未接続でも取り外されていても、機内持ち込み手荷物か受託手荷物かに関わらず、お持ち込みいただけません。 これには、ホバーボード、エアボード、オックスボード、電子スケート、ウェーブボード、U-runnersおよび電子駆動スーツケースなどが挙げられます。

ただし、お体の不自由なご搭乗者様は自動平衡機器類をご使用いただける場合があります。 ご使用の場合、KLM CARESを通して許可を得てください。 ご出発の48時間前までに、できるだけ時間に余裕を持って使用許可の申請をしてください。

電子タバコ
ほとんどの国では、電子タバコ、その他の人工タバコ(予備電池を含む)は携帯品としてのみお持ち込みいただけます。 受託手荷物としては、お持ち込みいただけません。 電子タバコの持ち込みに関する規則は国によって異なるため、目的地の法的規制を必ずご確認いただくようお勧めしております。 電子タバコの使用、充電またはその電池の充電は機内では禁止されております。

米国またはカナダ行きの便での電子機器の検査
米国またはカナダの各都市に出発する便の機内持ち込み手荷物のすべての電池駆動型電子機器は厳重な検査が実施されます。 ゲートでは、機器のケースやカバーを外し、スイッチを入れ、動作することをお見せください。 破損、未完もしくは欠損した電池機器の持ち込みは禁止されています。
 

禁制品

銃器
発射体の発射によって重度のケガにつながる(またはつながる可能性があると思われる)いかなる銃、小火器またはその他の機器は、機内持ち込み手荷物としてお持ち込みいただくことはできません。 これには、以下を含みますが限定されません:
  • ピストル、リボルバー、ライフル、ショットガンなど、あらゆる種類の火器・銃
  • 本物の武器と間違われる可能性のある銃の玩具、レプリカ、および模造銃器
  • 火器の構成部品(望遠照準装置および照準器を除く)
  • エアピストル、エアライフル、ペレットガン、およびBBガン(ボールベアリングガン)
  • 信号用火炎ピストルおよび号砲
  • 弓、クロスボウ、および矢
  • 捕鯨銃および水中銃
  • スリングショットおよびカタパルト
狩猟またはスポーツ目的の銃火器と弾薬は、すべての必要な許可証および免許証を保有しており、一定の厳しい条件を満たし、輸送を予約された場合にのみ、受託手荷物としてお預かりいたします。

武器に対する許可証や免許証に関する詳細を確認する

威嚇用機器
以下のような第三者を威嚇もしくは無力化させるために明白に設計された機器は、いかなるものでも機内持ち込み手荷物としてお持ち込みいただくことはできません。
  • スタンガン、テーザー、スタンバトン、突き棒、バリスティック伝導エネルギーシステムなどの衝撃用機器
  • 動物用スタナーおよび動物殺傷用機器
先端が尖った/刃の付いた物品
傷害を負わせることが可能な、先端の尖ったあるいは鋭い縁のある物品は機内持ち込み手荷物としてお持ち込みいただくことはできません。 これらには、武器として使用できる金属もしくはその他強固な素材で作られた物体を含みます。 これには、以下を含みますが限定されません:
  • まさかり、斧、肉切り包丁、および切断用に設計されたその他の物品
  • 6 cm/2.35インチを超える刃を持つナイフまたははさみ(異なる現地規則が適用される場合があります)
  • アイスピッケルおよびアイスピック
  • カミソリの刃
  • カッターナイフ
  • アイススケート靴
  • サーベル、刀、および仕込み杖
  • 編み針およびかぎ針編みのフック
作業工具
以下のような先端の尖ったあるいは鋭い縁のある武器として使用可能な工具は機内にお持ち込みいただくことはできません。
  • バール
  • ドリルおよびドリルビット(コードレスのポータブル電動ドリルを含みます)
  • ドライバーやノミなど、6 cm/2.35インチを超える刃またはシャフトのある工具(異なる現地規則が適用される場合があります)
  • のこぎり(ポータブル電動のこぎりを含みます)
  • ブロートーチ(バーナー)
  • ボルトガン、工業用ステープルガン、ネイルガン
鈍器
殴打に使用し傷害を負わせることが可能な鈍器は機内持ち込み手荷物としてお持ち込みいただくことはできません。 これには、以下を含みますが限定されません:
  • 野球およびソフトボールのバット
  • ビリークラブ、ブラックジャック、ナイトスティックなどのこん棒および警棒
  • ビリヤード、スヌーカー、およびプール用のキュー
  • 釣竿
  • ゴルフクラブ、ホッケー用スティック、ラクロス用スティック、クリケット用バット
  • カヤックおよびカヌーのパドル
  • ナックルダスターなどの武道用具
  • スケートボードおよびロングボード
爆発物と可燃性物質
爆発物および可燃性物質は、乗客・乗員の健康および所有物を危険にさらす可能性がある場合、また航空機の安全を脅かす可能性があるものについては、機内持ち込み手荷物および受託手荷物ともにお持ち込みいただくことはできません。 これには、以下を含みますが限定されません:
  • 弾薬
  • 爆発性カプセル
  • 起爆装置および導火線
  • 爆発物、爆発性機器、爆発性資材、レプリカまたは模造爆発物
  • 地雷、手りゅう弾全種、およびその他の爆発性軍用装置
  • すべての形態の花火または火炎信号(爆竹、パーティー/クリスマス用クラッカーおよびおもちゃの紙火薬・雷管を含む)
  • 発煙筒またはカートリッジ
  • ダイナマイト、火薬、プラスチック爆薬
  • 可燃性の固体および液体(ガソリン、ディーゼル用重油、ライター燃料、アルコール、エタノールなど)
  • スプレー缶塗料、テレビン油、およびシンナー
  • アルコール含有量が70%を超えるアルコール飲料
  • ガスおよびガス容器(ブタン、プロパン、アセチレン、大量の酸素など)
小型のライターや安全マッチは、身に着けてお持ちになることはできますが、機内持ち込み手荷物としてはお持ち込みいただけません。

化学物質や毒性物質
ご搭乗者様と乗務員の健康や所持品に危険を及ぼすもしくは機体の安全を脅かす可能性のある以下を含む化学物質や毒性物質の機内持ち込みは禁止されています。
  • 体を不自由に、または動作を不能にするスプレー(メース、唐辛子スプレー、催涙ガスなど)
  • 酸およびアルカリ(液漏れの可能性のある湿電池など)
  • 腐食性物質または漂白用物質(水銀、塩素など)
  • 消火器
  • 伝染性物質または生物学的危険物質(感染した血液、細菌、ウイルスなど)
  • 自然点火あるいは発火が起こり得る物質
  • 毒物
  • 放射性物質(医療用または商業用アイソトープなど)
  • プリンター/トナーカートリッジ
その他の禁制品
一般に、動物由来の製品は一切お持ち込みいただけません。 これには狩猟で得た動物(の一部)も含まれます。

フィリピン発着便では、使用可能な銃弾または空の薬きょうで作成された宝飾品やお守りはお持ち込みいただけません。

目的地がケニア、タンザニア、およびルワンダのご搭乗者様は、入国時にビニール袋を持ち込むことはできません。 免税品をご購入される場合は、 ご搭乗の前にビニール袋を取り外すようお勧めしております。