KLMケアによる特別サービスについて

KLMケアは、空港で補助が必要なお客様、あるいは医療器具をお持ちのお客様をお手伝いいたします。 特別サービスをお申し込みください!

特別サービスのお申し込み

以下のサービスをご希望の場合には、少なくともご出発の48時間前までにKLMケアまでお問い合わせください。

  • 搭乗、降機、乗り継ぎの際の補助
  • ご自身の(電動)車椅子、電動スクーター、ウォーカー(歩行器)、松葉杖のお持ち込み、または客室内専用車椅子のご利用
  • 特別な医療機器のお持ち込みに関して: 機内持ち込み手荷物または受託手荷物で医療機器をお持込になる場合は、機内で機器を使用しない場合においても、必ずKLMケアまでお問い合わせください。
  • 機内への補助犬のお持ち込みについて
  • 延長したレッグレストのご利用(ギプス装着のため脚を水平に保持する必要がある場合)。 この場合、KLM欧州内路線ではエコノミークラスで2席分の予約追加が必要です。 KLM長距離国際線ではビジネスクラスをご利用ください。
  • ご出発48時間を切りますと、KLMケアではサービスの保証はいたしかねますので、ご了承ください。

特別サービスを申し込む方法は?

  • 特別サービスを申し込む:「お客様の予約」にログイン
  • 最寄りのKLMケアの電話番号

  • お申し込みはメールKLMCARES@KLM.com(英語またはオランダ語)でも、お電話00800 55622737(有料)でも承ります。オランダ国内からはフリーダイヤル0800 55622737(午前7時~午後10時)をご利用いただけます。

ご出発前の重要事項:

  • 言語の問題がある場合、飛行恐怖症、または初めてご旅行されるお客様のアシスタントの手配は承ることができません。
  • 特別サービスのお申し込み(および航空券のご予約)は、出発予定時刻の48時間前までにお願いします。 KLM提携航空会社の運航便の場合は、運航する航空会社に特別サービスをお申し込みください。 KLMでは、車椅子(電動スクーター)またはウォーカー(歩行器)を無料でお預かりいたします。
  • その際、標準的なチェックイン時間の30分前までに空港でチェックインしていただく必要があります。 アムステルダム・スキポール空港をご出発の場合はカウンター16でチェックインしてください。 電動車椅子をご利用のお客様は1時間早めにチェックインしてください。
  • 搭乗券に記載の時刻にゲートへお越しください。
  • ご搭乗中、常にKLMの乗務員が付き添うことはできませんのでご了承ください。 常に補助が必要なお客様は、必ず付き添いのかたの同伴をお願いいたします。
アムステルダム・スキポール空港での出発 到着、乗り継ぎ の際の特別なアシスタントに関する詳細は動画をご覧ください。

車椅子をお持ちになる場合

ご自身の車椅子をお持ちになる場合は、必ず出発予定時刻の48時間前までにご連絡ください。 可能性を検討の上、すぐにご予約をお取りいたします。 輸送が許可されている(電動)車椅子の数には制限がございます。

お客様の車椅子は、損傷やバッテリー液漏れを防ぐため、立てた状態で受託手荷物としてお預かりします。

各航空機種でお持ちになれる車椅子の最大サイズと重量:


機種最大サイズ
(縦 x 横 x 高さ)
最大重量
ボーイング777、747、787型、エアバス330型

152 x 139 x 149 cm / 

59.5 x 54.5 x 58.5インチ

重量制限なし
ボーイング737型

112 x 113 x 85 cm / 

44 x 44.5 x 33インチ

重量制限なし
エンブラエル175、190型
フォッカー70型

120 x 100 x 70 cm / 

47 x 39 x 27.5インチ

150kg/331ポンド


機内の設備

  • 折りたたみ式機内用車椅子:全KLMおよびKLMシティホッパー機の機内でご利用いただけます。
  • トイレ:ボーイング777型、787型、エアバスA330型機のトイレは車椅子でお入りいただけます。 ボーイング737型、747型、エンブラエル190型、フォッカー70型機では、折り畳み式カーテンでトイレのスペースを拡大いたします。 トイレとの往復は乗務員がお手伝いいたしますが、 トイレ内での介助はできません。
  • トイレの手すり:KLMが運航するすべての航空機のトイレには手すりがございます。
  • 可動式アームレスト:KLMが運航するすべての航空機では、お座席に楽に移動していただけるよう、多くの通路や中央席には可動式アームレストが設置されています。 可動式アームレストの数や場所は機種によって異なります。
  • 当社のフライト・スタンダード&コンプライアンス(Flight Standards & Compliance)部では、矯正位置決め装置などの特別な座席のソリューションなどに関して、FAAによって規定されている適用規制に従っているかなど、常に検討されています。 規制に従っていない場合、残念ながら機内に持ち込むことはできません。 遅くとも出発の2営業日前までにKLMケアまで電話でリクエストしてください。

     

医療上の情報についての書類

下記項目に該当されるお客様は、事前に主治医にご相談ください。 場合によっては、ご利用の旅行会社またはお客様ご本人がMedical Information Form Aの記入を、また、お客様の主治医がMedical Information Form Bの記入、署名を行う必要があります。 書類は、必ず出発予定時刻の48時間前までにKLMに届くようご提出ください。

  • 伝染性と見られる疾患をお持ちのお客様
  • 疾患または健康状態により、他のお客様および/または乗務員の快適さや安らぎに影響を及ぼす可能性のある、またはその状態がフライトの安全または時間厳守を脅かす可能性のあるお客様
  • フライト中、医療的ケアを必要とされる、または特定の医療機器が必要となるお客様
  • 生命にかかわる事態をもたらす可能性のある、またはフライト中の安全確保のため、医療上の特別なケアを受けなければならない可能性のあるお客様
  • フライト中、身の回りの世話(お食事、トイレなど)を必要とされるお客様で、同伴者のいない方
  • お座席を通常の直立状態でご使用いただけないお客様

携帯型酸素濃縮装置(Portable Oxygen Concentrator、POC)

電池式のPOC、または電池式/正味出力の両方で駆動するPOCのみ機内での使用が許可されています。 機内でご自身のPOCをご利用になる場合、少なくともご出発2日前までにKLMケアまでご連絡の上、POCの輸送の予約をご確認ください。

携帯型酸素濃縮装置(POC)の電源用バッテリー

大変申し訳ございませんが、機内のすべての座席での電源のご利用は保証できかねます。十分な量の充電したバッテリーをお持ちください。 メーカーが表示する装置利用時のバッテリー寿命、およびお客様の主治医の助言に基づき、予想される最大飛行時間の150%以上持続するバッテリーをご用意されることをお勧めします。 バッテリーは座席下に収納してください。 予備の電池は機内持ち込み手荷物のみ許可されています。受託手荷物でお預かりすることはできません。

  • リチウム金属またはリチウム合金バッテリー:リチウム含有量2g未満
  • リチウムイオンバッテリー:ワット時定格量100Wh未満

ワット時定格量は、バッテリー上またはユーザーマニュアルに記載されています。 予備のバッテリーは、端子にテープを巻くか、個別にビニール袋に入れるなどして、短絡を防止する必要があります。

補助犬連れのご旅行について

補助犬を機内にお持ち込みになる場合、所定の条件を満たす必要があります。

補助犬の持ち込みに関する詳細情報をお読みください。

KLMケアへのお問い合わせ