訓練を受けたサービスドッグ連れのご旅行について

サービスドッグをKLMフライトの機内にお連れになる場合は、KLMケアに連絡し、必要な申請書にご記入いただけますようよろしくお願いいたします。
 

サービスドッグをお連れになる場合

サービスドッグは、障がいのある方をサポートするよう特別な訓練を受けた犬を指します。 訓練を受けたサービスドッグを旅行にお連れになる場合、その犬が申請書に記載されている受入基準を満たしていることを条件とし、弊社にて無料で手配いたします。 訓練を受けたサービスドッグを旅行にお連れになる場合、無料で手配いたします。 手配の準備がありますので、ご出発の48時間前までにKLMケア にご連絡ください。

KLMの全フライトにおいて、訓練を受けたお客様のサービスドッグは指定のスペースに収まる大きさである必要があります。 犬以外のサービスアニマルは許可されません。

国によっては、動物の持ち込みを制限する国があります。 したがって、事前に確認されることをお勧めします(例、有効な動物のパスポートや予防接種の証明などを用意する)。
 

全フライトにおけるサービスドッグ

客室にサービスドッグをお連れになる場合には、サービスドッグの機内同伴申請書 (Application Form Service Dog) をダウンロードして、ご記入ください。次に記入済みの申請書をKLMケア までお送りください。 空港でチェックインする際にも、その申請書をお持ちください。

米国発着便をご利用になる場合にのみ、訓練を受けたサービスドッグとして精神的支援犬をお連れいただくことができます。 その犬が申請書の記載されている受入基準を満たしている必要があります。 その他すべての目的地へ就航するフライトでは、精神的支援犬は許可されていません。

米国発着のフライトにおけるサービスドッグ

米国発着のフライトにサービスドッグをお連れになる場合は、サービスドッグの機内同伴申請書(Application Form Service Dog) をダウンロードして、ご記入ください。 追加書類のダウンロードおよびご記入が必要です 米国 米国運輸省サービスアニマル輸送申請書 。 すべての記入済み申請書をKLMケア に送信。 空港でチェックインする際にも、その申請書をお持ちください。
 

空港で

空港のチェックインカウンターまでお越しいただき、搭乗券をお受け取りください。 空港到着推奨時間の30分前までに空港に到着されることをお勧めいたします。.

お客様の犬が公共の場で適切に振る舞えなければ、たとえその犬がお客様の障碍を補助している、または精神の支えになっていても、その犬を補助犬とはみなすことはいたしません。 この場合、犬の搭乗は拒否されます。 またKLM係員は、あなたの犬が実際に補助犬であるか確認するため、追加情報の提供を要求することができます。 口頭で明瞭に説明ができない場合、追加の書面による証明が要求される場合があります。

8時間以上のフライトに搭乗される場合は、補助犬のトイレ事情(フライト中、我慢ができるのか、またはトイレをするなら健康と衛生上の問題を引き起こさない方法でできるのかなど)を文書にして提出する必要があるかもしれません。

 

機内

補助犬と一緒に旅行されるお客様は、安全上の理由から犬が通路やその他のエリアをふさがない限り、どの座席にお座わりになられてもかまいません。 飛行中、犬は(車両用の)ハーネスを着用し、シートベルトに固定する必要があります。

補助犬が指定場所に収まらない場合、前方座席の下に犬が収まる、または邪魔にならない同キャビン内の別の座席をご用意いたします。 必要に応じて、他のお客様に座席の変更をお願いいたします。 ただし、予約された座席以外のスペースやお支払いになられたクラス以外のキャビンの座席を提供する、または他の乗客の搭乗を拒否してまでお客様を優先することはありません。 どこもふさがずにお客様と補助犬をひとつの座席に収容できない場合、次のフライトで旅行されるか、または補助犬を貨物室でお預かりする可能性があります。